《一箱古本市出店者です》

 

 「一箱古本市」は、古本をミカン箱くらいの箱に入れて持ち寄るフリーマーケットです。

日 時 7月8日(日)12:00~19:00

会 場 志津図書館前 萌の広場 

出店者は下記のとおりです。

《人見知りの本屋さん》

 口ベタですが、愛情をこめて、大好きな本をご紹介‼︎

 

《片桐家族屋》

 初めて参加しました。愛情たっぷり育てた3人の子どもから卒業した絵本・本、子育て中に読んだ本など家族の本を出店します。どうぞ一度足をお運びください。

 

《RAINBOWBOOKS》

 絵本を中心にビジュアル多めな本を持ってまいります。また、次の年まで逢うことのできない織姫と彦星が、お互いを想いながら読むような本も持って行けたらいいなと思います。

 

《TOMY》

 ブックカバーついています。

 

《よたか堂》

 宮沢賢治の作品を中心に、それに関連すると考える色々な本を持って行きます。読書をテーマにした自作のポストカードなどもあります。

 

《お茶の間かふぇ》

 こじんまりと楽しくなる本があります。

 

《jiji books》

 古本市の楽しさにはまり、2回目の出店です。雑多な本を持っていきます。片隅にzinもあるかも。

 

《BOOKS無芸大食 》

 修験道行者(山伏)として修行中の店主が(怪しくないよw)自己啓発系と宗教系(修験 真言 密教 )を販売 毎回客さまとの交流を楽しみに一箱古本市に出店しています。

 

《本シェアーズ》

 誰かとシェアすることで知的に愉しい読書体験ができた本を売り場に並べます。夫婦二人でシェアしたら有意義で面白かった本が中心です。他にも介護の職場の上司に紹介したら、施設で10冊購入となって全職員で回し読みすることになった本。家庭教師先の教え子に手渡したところ、会話が大いに弾んで深まって気づいたら国語の勉強にもなっていた本など。よろしくお願いします。

 

《とぶふね》

 ノンフィクション、エッセイ、絵本や雑誌など、最近読んで面白かった本や気に入って何度も見ている本を持っていきます。本が好きな方々とお話できるのを楽しみにしています!どうぞよろしくおねがいいたします。

 

《レディオナカムラ》

 柏市でやっている「本まっち柏」という古本市のスタッフの一人です。 雑多で面白い本を持って行きます。

 

《古本 みかん箱》

 積ん読が高くなってきたので、崩して箱に詰めて並べたいと思います。

 

《seaslugs》

 古本も!布雑貨も!の欲張り出店いたします。よろしくお願いいたします。

《小さなえほんやさん》

 子供の幼少期の絵本が沢山あって、そろそろ処分を、と思っていたところでした。また小さなお子さんに読んでもらえたら嬉しいなと思い、希望しました!

《M&M書店》
 絵本から文学まで並べますので、よろしくお願いします。

 

《ゴメス亭》
 14年続いているエッセー集「雪中華」の同人として『読むそれだけでボランティアです』を合言葉に活動をして参りました。これまでの寄付金は167万円に上ります。今年4月に発刊しました14巻「雪中華」(¥300円)と古本の2本立ての販売で出店したいと思います。是非参加させていただきたく応募しました。よろしくお願いいたします。

マルシェ出店者紹介

Cafe&Deli Indigo Coffee(旧 おおわだcafé)
やきとり鈴乃屋
あめ細工こみちゃん
トラットリア・ノーチェ
ドリーム・コーヒー
移動ご飯又兵衛
まぼろし堂
はっするファーム
ブーランジェリーラトリエ
ときわ書房
つまみ細工 雨あがり工房
さきおり(NPO子どものまち)
アロマリラクゼーションルームne–co
marimodesign
暮ラシカルデザイン編集室
Milktea
アベイユ・ブックス
大津屋(落花生)
アトリエ・オハリコ
ま∞結い
米山養蜂
がま口バッグ専門店mammyhand
シャンティ国際ボランティア会

翻訳絵本作りに参加しませんか

あなたが作った翻訳絵本を世界の子どもたちのもとへ

 

 本気BOOKフェスでは世界の子どもたちに日本の翻訳絵本を送る「絵本を届ける運動」を行ってきたシャンティ国際ボランティア会の職員の方をお招きし、翻訳絵本作りのワークショップを行います。【定員に達したため募集を締め切りました】

2018.7.8(日)

①14:00~15:30

②16:00~17:30 参加無料

定員各回18人(要申込)

対象 小学3年生以上

申込先 hitohakosakura@gmail.com

「本気BOOKフェス」

地域の魅力を発信する編集者

暮ラシカルデザイン編集室沼尻亙司さんトークイベント

 

7月8日(日)13:30~15:00

西志津ふれあいセンター2階ギャラリー

先着50名(事前申込不要) 参加無料

 千葉県内のカフェやパン屋を紹介する本をつくり、直近では「房総落花生」を発行された沼尻さんに千葉の魅力とリトルプレスによるローカルからの情報発信について伺います。「房総落花生」の表紙は嬉しいことに佐倉の大津屋さん。この本で創業99年目のお店だということを初めて知りました。

「本気BOOKフェス」

〈絵本作家〉五味ヒロミさん 絵本トーク&ワークショップ

 現在さいたま市で病棟保育士として多くの子どもとかかわる絵本作家の五味さんによる手話を交えた絵本のお話&ワークショップです。

7月8日(日)15:30~16:30

西志津ふれあいセンター2階ギャラリー

申込不要 参加無料

・手遊び、「おいしいまんまるさん」手話読み聞かせ

・まんまるさんぺープサートと持ち帰り用の紙バック作りワークショップ

・「こんやはてまきずし」読み聞かせ

「本気BOOKフェス」フィナーレ うすいなおこライブ

佐倉市内在住のハワイアンシンガーうすいなおこさんのライブでフィナーレです。

「天国に届く声」に包まれてください。

7/8 18:30~19:00

萌の広場 参加無料 申込不要

「本気BOOKフェス」の「本気(マジ)」に込めた想い

 

 公立図書館(佐倉市立志津図書館)と新刊書店(ときわ書房志津ステーションビル店)、市内で本に関わる活動をしている人(ブックリンクサクラ)の三者が連携して、「本気BOOKフェス」(本気はマジと読みます)と題したローカルなブックフェスを立ち上げました。 こうした三者がそろって何かをするということは、これまであまりなかったかもしれません。

 しかし、それぞれ立ち位置は異なりますが「本を届ける」活動をしている三者が、原点に返って本当にやってみたいことをしてみることで、我々が「本気」でやるべきことは何なのかを考えていきたいと思っています。

  時代も場所も異なる誰かが記した物語や言葉が、さまざまな人を経て、ときには時代を越えてあなたの手のなかに届き、あなたを楽しませ、癒し、心を豊かにする。そんな本の力を感じる場をつくっていきたいと思っています。

 

  • b-facebook
  • Twitter Round